イナカの灯台

RSS

雑記置き場 >ログ一覧

避難所にしそうなところ(随時更新)

Twitterになにかあったときのために。拠点はおおむねこのブログ。

2024年7月22日(月)

梅雨明け十日の炎暑。すでに最高気温近い朝から道の駅の産直で野菜を仕入れ、昼になりそれらで次々に焼きびたしをつくった。汗みずく。あまりに暑いとあえて夏らしいことをしてはという色気じみたものが顔を覗かせるのだよね。原付で移動しつつ浴びる大気は意識が若干もうろうとする感じで、昼過ぎの太陽は七月らしいまばゆさだった。八月に入ると日差しには熟れた感じがでてまた別物になってくるから、こうしたいまを味わうのもそれはそれで季節感のあることかなと思う。なんとなく過ぎし日。

2024年7月21日(日)

日がな一日ぬいと机の前で過ごした。表に日差しが照りつけるあいだは冷房を効かせ、積んでいた印象派の画集や世界の貝の写真集をめくったり、窓から木々の姿や流れる雲を眺めたり、くちなしの花をまた摘んできたり。日が落ちるころには夕餉を食み、そのあとはランプの灯りの前でのんびり。こんなふうに毎日を過ごしたいなあと思える、おだやかで心地のよい一日だった。とくに完璧というわけではなく、ネガティヴな思考はちらつくんだけれどさ。これは満たされていると呼ぶものだよ。壁に貼ってあるポストカード類のほかに、なにか飾る絵があるとよいな、なんて考えたりしてた。

2024年7月20日(土)

遅くまで起きていたため眠くなってしまった。普通に通所して買い物のち帰宅という日。寝落ちする前にベッドへ。

2024年7月19日(金)

昨晩体調を崩して低調なところからの通所。午前中は前からの読みさしだったジェイムズ・ヒルマン『魂のコード』(鏡リュウジ訳、朝日新聞出版)を読み終えた。ひとには一粒のどんぐりのようなものが備わっている、という理論の話。どんぐりのほかにも魂、ダイモーン、守護霊、召命、運命などなど呼び方はさまざま。そうしたそれ以外のものでは語れない「それ」について、遺伝子のコードを読み解くように理解を試みるための本、でよいのかな……。科学や心理学からも、宗教からもほどよく距離を置き、そのあいだを通るためにふんだんな神話のイメージを用いる内容だった。なんとか読めたけれど、この「どんぐり」という考え方をじぶんの言葉に置き換えるのが難しい。訳者あとがきにて「役に立つ本ではない」ということが書かれているし、こうした本は読んだあとからゆっくり滋養になっていけばよいよ。午後はP検のまとめと、そのあとに評価面談。さいごのがなんか疲れた。情報共有やすりあわせ、現状認識や期待、今後の方針などを決められた時間で行うのはまあ、疲れるよね。とりわけストレス源から距離を置いた三つの件について話すことが効いたような。体調のわりには集中力が続いたことも影響したと思う。気に入っていたボールペンのJuice up 04がインク切れになったため帰りはTSUTAYAでそれを買い、帰途。あしたは午前中だけ通所すればしばしおやすみなので、日付を越える前にベッドへ入ろう。みんないろいろなものを抱えていると思うのだけれど、じぶんがじぶんであることを妬まれかねないような場、些細と思えることでも「恵まれているのでは」「そうであることを出してはいけないのでは」と感じるような場については、すべきことをして予定通り通り抜ければよいのかなと思う。

2024年7月18日(木)

午後まで通所して午前中は面談。そこは評価面談というかたちであすもうすこし話す予定。いまになって疲れたなーという感。早めに眠るがよい。

2024年7月17日(水)

雨がちな日。あすは通所や面談があるからと、たまっていた洗濯ものを回したり、念入りにストレッチをしたり、乾いたシャツにアイロンを掛けたり。日々の生活のこまごまとしたタスクは網となって強いレジリエンスを構築している、そういう投稿に納得するところがあるなあということを、上向いた気分のありがたさとともに感じる。いくぶんのゆとりを持って夜の庭を前に過ごすうち、夜空から旅客機の音が落ちてくるのを久しぶりに聞いた。聞いたというか気づいたというか。こうした感覚の広がりはじぶんにとって気持ちの余裕のバロメーターなんだなーとぼんやり思いつつ、さらに耳へ届くかえるたちの声や、急に濃くなったかのような雨のにおいを感じ取っていた。今夜みたいなくつろぎかたからはしばらく離れていたみたいだね。

2024年7月16日(火)

のんびり。しんどさを逃がすように過ごしていた。予報によると梅雨明けが見えてきたとか。

2024年7月15日(月)

引き続きなにごともなかりし日。じぶんの毒気に当てられてぐへえとなっていた。庭の小くちなしを摘んで机の上に飾ったり。

2024年7月14日(日)

雨がちな日。久しぶりに道の駅の産直を覗いて旬の野菜を手に入れ、それで焼きびたしをつくった。ヤングコーンの美味しさよ。じぶんは対人面において鈍感すぎるというか抑制が働き過ぎるというか、問題を直視できず容認する傾向にあるので、違和感や嫌悪感を払拭できなくなっているなら客観的に見てよほどの状態なのだろなと思う。そんなふうに経験の積み重ねもできているし、この「感じ」で決断してもよいお年頃なのでは。空いた椅子には誰かが座るよ。

2024年7月13日(土)

買い物へ。レジのかたから、なにかお店でもやってらっしゃるんですか、と訊かれた。おしゃれですねとのことで、褒めていただいたことの突然のうれしさ。この言葉はほかの場所でもいただいたことがあり、どんなお店のイメージなんだろうと逆に不思議に思ったりもするのだけれど、そうしたことを質問で返すのも変かなと当たり障りのない会話に終始してしまうのだった。ある意味で浮いているのかもしれない。いまはむしろお仕事がほしい立場なのだよねえ。日没後、暗くなった庭を前に風を通しつつ夕餉を食んでいると眠気がやってきた。床でひとときまどろんだりするうちこれはお布団へいく眠たさだと思い、そのように片付けをしてこれを書いてる。眠れるありがたさ、気持ちよさ、憩いとしての夜、そうしたことはどれだけ慣れてもわざわざ立ち戻ってきてかみ締めるのだろうと思う。うとうとしつつ気持ちはおだやかという夜があり、気まぐれなそれは一日の終わりを甘い余韻で満たしてくれる。

2024年7月12日(金)

朝から雨降り。通所先にはお休みの連絡を入れ、ゆっくり過ごした。

2024年7月11日(木)

なにもせずのんびり過ごした雨がちな日。玄関前に出したままの鉢のくちなしがオオスカシバの幼虫にむさぼられていた。花芽までかじられている。ああー……。丸坊主になる前に気がつけてよかったというべきかもしれず、例外なくベニカXスプレーをかけた。母と夕餉に花咲ガニを食べ、手は細かい傷でいっぱいに。うちの猫に引っかかれるとこんなふうになったなー、などと思い出していた。

2024年7月10日(水)

午前中は就労移行支援へ。いろいろ聞かれそうだという気持ちで所定の場所へ原付を止めたところ、何名かが集まりそのようになった。そこまではよかったものの、嫌がらせというか舐めを繰り返すいつもの人もやってきて軽口を叩いたので、黙ったままそちらへにらみ付けを行った。あのすこしの時間に、じぶんは明瞭に殺気をぶつけていたと思う。彼は目をそらして謝り、周りにいた人たちまで気配を察してあっち行きましょうねと立ち去った。これまで長いこと、自分自身の感情にあてられるのが苦痛で激しい感情を抑えつけてきたように思うのだけれど、彼はもう余計な真似を仕掛けてこないだろうと思うと今回は気持ちの軽さも感じた。それからはいつも通りの流れがあり、担当スタッフさんと面談。スマホで写真を開きつつ、旅の報告が主。面白がってもらえたように思うものの、それだけで時間をかなり使ってしまい、今後の方針や行動についてはざっくりと打ち合わせる感じになった。きょうはひとまず七月、八月の利用予定を申請し、そこで本日の通所はおしまい。原付にかばんなど仕舞っていた帰り際、たまにやりとりがあるくらいの利用者さんが話しかけてくださり、しばらく見かけなかったので心配というか気になっていましたと打ち明けてくださった。旅のことに触れつつ、自分にはわからないところで気にかけてもらえていた、そうしたことをその方からも感じて、お礼を伝えた。例の彼は通りすがりにもう一度謝っていったな……。それからは時間調整の意味合いもあっていったん自宅へ戻り休むうち、疲れてすこし眠ってしまったらしい。ときおり水滴を感じる程度の空は、夕ごろにはいつのまにか雨がぱらつくようになっていた。あすゆっくりするつもりで、次第に本降りとなるなかレインコートを着て定期通院先へ。先生にひととおり報告をしてそれはよかったという話ののち、「じゃあ前のバイク屋さんのことは忘れましたね?」という言葉をいただいた。懸念されているのはそこなのだなということは分かったからうなずいた。正直なところ、それに対してイーブンにペナルティくらい受けておきなよという暗い思いがあったから、先生がおっしゃるならと納得したよ。それに、友だちも同じ意見を伝えてくれそうな気がした。豪雨となるなかまっすぐうちへ帰り、庭の暗がりを前に夕ごはんを食み、なんとなくこれを書き出していたら日付がもう変わりそう。怒れること、それを表に出せるようになっているという変化は好ましいのかもしれず、それをできているから怒りや憎しみも減るのだろうと思いはするけれど、やっぱりこれはこれで自分に当てられるしんどさを感じてしまうなー。感情は心の問題のようであり、かつ置かれた状況とフィジカルにもかなり左右されるものだから、まあまあよくなっているよと思っておふとんへ入ろう。いま急に地震があってびっくりした。

2024年7月9日(火)

買い物へ出てかばんを洗ったほかはのんびり。菜園のミニトマト各色が下のほうから色づいてきた。出発前に土を替えた鉢のくちなしは見たこともないほど葉につやを持ち、枝のひとつに花芽さえ付けている。茉莉花も花盛りの周期。外にいるほうが元気なんだなーと思いつつもあとで居室へ入れようか。旅のあとではひとりの静けさが必要らしく、そのように。きのうはNPOさんから入れていただいていたジェラート作りの日だったのだけれど、ここで無理に参加すれば不満を感じると思い、見送っておいたのだった。しばらく前なら求められているのだから役に立とうという思いが勝ったところ。変化してるね……。各方面のひとの足りなさ、見つからなさは分かるけれど、じぶんの優先するものが徐々に自分自身になってきている感がある。あすは就労移行支援にて午前中に面談がある。通院先にもおくすりも出してもらいにいきたいし、夜更かしはほどほどにして眠るがよい。

過去の雑記

2010

2011

2012

2013

  • 2013/01
  • 2013/02
  • 2013/03
  • 2013/04
  • 2013/05
  • 2013/06
  • 2013/07
  • 2013/08
  • 2013/09
  • 2013/10
  • 2013/11
  • 2013/12

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020


  • Since 2010/06/27
  • Copyright © 2010-2020 ヱニス All rights reserved.