イナカの灯台

RSS

2019年3月

2019年3月1日(金)

椎名誠の古本を五六冊、どかどかとポチった。

やっと三月に到達。この冬を乗り越えるあいだ、時の経過にあまり期待をしていなかったように思う。泣いても笑っても活力を奪う寒さは変わらないということが、孤独でネガティブなほうに滲みだして、煮詰まってた。ここまで来てみれば例年のことではあるし、もっと周囲に働きかけて助けてもらえばいいのに、なんとなくはぐれてしまう。

うるい(擬宝珠の芽)を食べる。想像していた癖のほうは全く無く、これは生の食感と緑の美しさを尊ぶ早春の恵みなのだな、と勝手に納得した。正直にいうともう少しほろ苦さがあってもいいなーと思う。

2019年3月2日(土)

新しい帽子を一つ探す。

2019年3月3日(日)

昼から降りしきる雨のおかげで薄い霞が掛かってる。

よく利用するスーパーが改装のための売り尽くしで全品半額だった。棚は既にがらがら。こうした口コミというかローカル情報は、LINEなんかで事前に流れているのだろうなあ。ひとりで居られる時間が削られてしまうから僕はLINEを利用しないけれど。

2019年3月5日(火)

午前中は祖父と、椎のほだ木に菌駒を打ち込む作業など。折を見てふきのとうを採ることに。身内が身内を嫌悪するさまってのは、その経緯や状況の正当性とは別腹に、聞かされる立場にいるのがしんどいなあと思う。「我慢を重ねているとあるとき限界が来て、相手に対するアレルギー的な嫌悪が根付いてしまう」ことを母と話す。わりと疲れた日。

2019年3月6日(水)

おそらく冬ごもりから抜け出したのだろう、昨日見掛けた蝶は茶色でいくらか大きい個体だった。『楽しいムーミン一家』に、冬眠明けに黄色の蝶を見かけたらその年は素晴らしく、白なら穏やか、茶色だと悲しくてお話にならない、みたいなことが書いてあった。良いんじゃないの。

2019年3月8日(金)

ふきのとうと野蒜を食べる。

耳鼻咽喉科の待合室にて三時間半待つうち、暇つぶしに持っていった椎名誠の『世界どこでもずんがずんが旅』を読了してしまった。なんというか、花粉のハイシーズンだものな。

2019年3月10日(日)

きのう関東で春一番が吹いたとか。

2019年3月11日(月)

今日という日は明け方の雨から夕刻の強風。未明に三、四度ほど細かい揺れがあった。

2019年3月13日(水)

風が鈍い光と水の気配を帯びている。

2019年3月14日(木)

ちらほらとたばこを喫う夢を見る。黒たばこのうま味とかオリエント喫味の葉っぱのこととか。ぐぬぬ。バージニア葉の甘くて美味い谷に一度踏み込んだ以上、禁煙というのは生涯にわたる禁欲なのだなあ。一昨年の秋に禁煙してもう一年以上経つのだけれど、こうしてあれが喫いたいとかなんとか書き付けるに、禁煙の基準を緩めたって良いじゃんね、とかよこしまな発想が出てくる。もうニコチンを摂らないし、喫わんのだよ。

プランターから生えてきた謎の葉は行者にんにくではなく、なにか別の植物のようだ。植えた記憶が全くない。

2019年3月15日(金)

東那須野公園を母と散歩。宵頃、雷が鳴るのを三、四度耳にする。そのあと落雷と激しい雨が通り抜けた。

2019年3月16日(土)

カエデを倒す庭仕事ののち園芸店へ。うちには種から育って冬を越したアーティチョークが一株あり、店頭にわさわさと並んでいるのを見つけ、もう一株買うことにした。どうやら互いに品種が違うみたいだな……。明日か近いうちに園芸特化のホームセンターを覗きたい。苗なんかを買ってくるには時期尚早だろうけれど、夏までの園芸の予定を立てやすくなるし、意欲も上がるもの。

2019年3月17日(日)

頼まれてた浚渫おしまい。やつれつつも抗がん剤の治療をあと二回残している叔父は、その副作用と先の見え無さに長らく打ちのめされており、このごろは言葉遣いの棘がことさらきつくなってきてる。内心でさみしがっているのだから、そちらの家族がもっと叔父を構ってやればいいのにと思うけれど、まあ他所の家庭だしね。僕は叔父から依頼があればぼちぼち力になろう、くらいに思っていることにする。いつだったかここに書いたけれど、周りに病人を見かけたら適度にかまおう、と決めているんだった。

ラプサンスーチョンの野火の香りがうんまい。今日は用水路を浚う傍らで枯れ草が燃やされていて、これが末黒野なんだなーと見たり嗅いだりしていた。土筆の姿も一本確認。

2019年3月19日(火)

彼岸につき父の墓参り。昨年秋に亡くなった祖母の墓は他所にあるから、また違う機会に立ち寄るかも。

2019年3月20日(水)

地元のアメダスにて今日の気温は-1.0/21.0度。寒暖差が15度あると荒ぶる季節の印象があるけれど、20度というのはシーズン中にもあまり見かけないようなブレ幅だ。宵のころ、月の放つ光芒が天空を駈けて西の地平に到達しているのを眺める。

2019年3月22日(金)

きのう、都内で桜が開花したとか。一新されたradikoのUIに慣れない。

ラジオの話になるけれど、ひとが話している後ろから差し込まれるディレクターの誘い笑い(というのか)、あれ苦手なんだよなー。相手のいるいないに関わらず、話し声は対象のひとりに集中して聞きたい、あるいは順番に聞きたい。要求しているものがラジオ深夜便のような「お行儀のよい話し方」で、話し手と聞き手の構成は対等であるべきだと勝手に思っているんだろう。同じ理由から民放ラジオによくある割り込み発言も苦手。あれはなー、男女一人ずつで構成されている番組では、発言権の重心が偏っている印象がある。割り込むの男性の方が多いような。意外なことに、こうした脳内フィルターをすり抜けてくるのが「やまだひさしのラジアンリミテッドF」で、まあ今夜の放送なのだけれど。ここまでぜんぶ主観。

なぜか今になりFIELD OF VIEWとか聴き出してる。というのは正確でなく、メインストリームの音楽をきちんと聴いてみたいとかねてより思っていたところに【更新】Twitterユーザー1万人の「好きなアーティスト」集計結果(1位~200位) [音楽]という記事を見かけ、良い機会だからこれまでのヒットをさらおうと腰を上げたのだった。

去年の診療で様子を見てみましょうと言われていた右下の奥歯の穴が、ふときょう確認したら思いのほかでかくなっており、一ヶ月後の改元との兼ね合いから一抹の不安を感じ始めた。これは週明けに予約入れる。

2019年3月23日(土)

アミガサタケをたらふく採る夢を見た。

入浴剤。クナイプのゼラニウム&パチュリはいいなあ。ゼラニウムの香りがよい。いまAmazonを入浴剤で検索しているのだけれど、それらには実際に使ってみるまで評価が分からないことへのわくわく感があるね。この冬に体験してみてがつーんと頭を打たれた「ツムラのくすり湯バスハーブ」、これは疲れた日なんかに使うと脚がふわふわになり、くたっと眠ってしまう。「薬用ホットタブ 重炭酸湯」は少し値が張るけれど、とにかく身体がほかほかで湯冷めしないから、冷え込みの厳しかった冬の底にはよく使っていた。温泉巡り系の入浴剤が面白そうだ。少し取り寄せてみる。

2019年3月24日(日)

ごみを出しにいく道すがら、目の前の夜道を蛾が横切っていった。

2019年3月26日(火)

いつの間にかレイ・ブラッドベリ『火星年代記』を読了していた。たぶんこの作品は原書で読んでこそ映えるんだろう。視覚的な描写に擦れっ枯らしたところが混じり、火星にまつわる独特のうらぶれた雰囲気を纏った作品になっている。

2019年3月27日(水)

影を失って穏やかに暮れなずむ夕どきだった。

日本茶や春摘み紅茶(和物含む)の情報をちらほら検索してる。「栗っぽいほくほくした甘さとうま味」というものを僕はお茶に求めてみたいわけなのだけれど、意外と釜炒り茶にそういうのがあったりするかもしれない。四~六月辺りは旬でごちゃごちゃしているから、自分に分かりやすく、あったらいいなという目下の狙い目。

ダージリン
春摘みを一つ手に入れたい(リーフルで探す)
和紅茶
春摘みで手頃なものがあれば(楽天を中心に)
烏龍茶
金萱のシルク感やミルキーな茶葉があれば(ルピシアで)
煎茶、釜炒り茶
栗のうま味と甘味を宿したもの、うま味と青さを併せ持つものなどいくつか(楽天を中心に)

2019年3月28日(木)

風の強い日。警察署前の御稲荷さんでは老木の桜が既に七分咲きといったところ。毎年、桜を追ってばかりで水芭蕉を観損ねているから、そちらも忘れないようにしたい。

園芸向けのホームセンターでアシタバと蕗の苗、それからボリジの種を見繕う。蕗は広い半日陰を探そう。ボリジは花の美しさを当て込んでいる。

五葉のあけびを祖父宅の生け垣に見つけたから、もう少し経ったら一本もらいに行く。これはいずれ、三つ葉のあけびと共に大鉢の行灯仕立てにして、その花や果実を楽しみたいと思ってる。

2019年3月29日(金)

改訂されたトーベ・ヤンソン/下村隆一訳『ムーミン全集[新版]① ムーミン谷の彗星』(講談社)を購入。ちらっと読んでみた感じ、ごく細かい表現にちらほらと手が入れられているみたいだ。ムーミンの本に関しては、青い鳥文庫の装丁が頑丈かつ長い再読に耐えるから最も優れていると思うのだけれど、今度のは段組などの構成を変えずに四六判&フォント大きめとなっており、全体の読みやすさが改良されているなーと感じた。蛇足だが、講談社文庫のは薄く軽い代わりに、綴りが脆く紙は変色しやすい。

個人的に、ムーミンにはあまり商業的になって欲しくないという思いと、忘れられない程度に人目に触れて欲しいという思いとがある。ただ、細かいことを言い出すとコンテンツの害悪でもあるしな……。

2019年3月30日(土)

降ったり止んだり。

2019年3月31日(日)

祖父からいちごを貰う。昼下がりに雹が降る。

過去の雑記

2010

2011

2012

2013

  • 2013/01
  • 2013/02
  • 2013/03
  • 2013/04
  • 2013/05
  • 2013/06
  • 2013/07
  • 2013/08
  • 2013/09
  • 2013/10
  • 2013/11
  • 2013/12

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020


  • Since 2010/06/27
  • Copyright © 2010-2020 ヱニス All rights reserved.