イナカの灯台

RSS

2017年6月

2017年6月1日(木)

六月か。Twitterだったかに「六月の睡眠は嗜好品」と書いたな。眠るのも起きるのも、朝にも夜にもそれぞれの味わいがあって、一日の変化にどこかうっとりとする。初夏は好いね。

2017年6月2日(金)

明け方と昼前の二度に分けて豪雨。朝は鳥のさえずりなんかも混じり異国情緒があった。その後晴れ。夏に向け梅シロップを作るつもりでいるけれど、スーパーの梅1キロ980円は道の駅ならもっと安いかも。

今更朧げに思い出していることに、自分のポラって600フィルム仕様だったかも知れない。感度が150のSX-70フィルムではどうも明るさが足りないのだよね。アズミノ工業さんへ修理に出したとき、今後のフィルム入手の容易さを考慮して600に互換性を持つように、あちらの職人さんが改良して下さった……のだったか。六年前のあの辺りは正直なところ記憶が曖昧で、600を使えることがあれば追々確認する。旬の物を食べたい欲求がある。

2017年6月3日(土) 菜種殻は振ると音がする

風が薫るならこんな日であろう。実際にそこかしこで木々や土、花なんかの匂いを感じる。あと緑が輝いてるな。野菜の周りに敷くってので、刈り終えたばかりの麦わらを束ねていたところ、その乾いた匂いが身体に染みついた。

数年ぶりにキウイフルーツの花の特徴的な芳香を嗅いだ上、道の駅は駄菓子屋と果物屋を足した空気だったりと、なんか今日は嗅覚が強めに機能してる。おそらくは陽差しと肌寒い風が原因だと思う。

鮎と新じゃがを食べて今、わずかに気怠く眠たい。贅沢な話だが風呂に浸かったら早寝をしてしまおう。

2017年6月6日(火) おそらく優良枠で免許を更新出来る

じき梅雨入りだとか。週間予報ではこの先ずっと降水確率が高め。薄めるカルピスを飲みほっとしてる。

去年の梅雨にTwitterで、「水無月」なる西日本の和菓子のことをその存在だけ知り、そちらの食通たちがうまいでなく「おいしい」と書くので、どのような菓子だろうかと想像ばかり張り巡らせていた。もちろん検索にも掛けていなくて、おそらくこうではないかという姿をArtRage2で描いたりしてる。今年の水無月の盛りに差し掛かったら検索禁止の縛りを解くつもり。安上がりな趣味。あと、桃が食べたい。もう少し経てば隣県の福島産が入ってくるのではないか。

春からこっち食べ物のことを頻繁に書き留めている気はするけれど、例年と比べれば体調を崩さずにいるってことだから、良い傾向だと捉える。

2017年6月7日(水)

関東で梅雨入りした。夏至まであと二週間。

2017年6月8日(木)

もしかして、今育ててる小玉すいかとまくわうりは、他と比べて成長が遅いのか。そこ、お世辞にも日当たりが良いとは言えない場所だものね。仕方がないのかも知れない。しそは既に摘んで食べられるサイズの葉がわらわら生えていて、これは更に適当に間引く。

今日はまばらに雨が降ったり止んだりな日で、こういう天気だと「NHK ニュースの音楽 2010」なんかのインストゥルメンタル系CDが聴きやすくてとても良い。

2017年6月9日(金)

今年の中で最も小さな満月が今日見られるとのことだったが、日暮れより夕立。ストロベリームーンなる俗称の由来は、夏至に近い低空の月が赤みを帯びるからとも、いちごの収穫期だからとも。金鳥の蚊取線香の匂いが心底落ち着く。

……あれこれ考えているうち煮詰まって窓の方を眺めたら、満月が見えた。上手い位置にあるのでまじまじと見ているが、雨上がっちまったのだなあ。書いたり消したりしてた。大気が涼しくて気持ちいい。

2017年6月14日(水)

栗が花盛りで、あちこちから特徴的なスペルミンのにおいがする。薄ら青い印象を受けるそれは、筍の皮を剥いだときのにおいにも似ていて、実を言うと少しだけ好きだ。植物の作り出すさっぱりした香り全般が好きなのかも知れない。

2017年6月15日(木)

日中、二匹のカナヘビかニホントカゲがコンクリの上で日向ぼっこをしていた。陽だまりでのんびりする生きものを見るのは良いね。日暮れより驟雨。こんな季節だし、それを夕立と呼ぶことに躊躇は無くなってきてる。

2017年6月16日(金)

消えそうな虹の片足を見た。

2017年6月17日(土)

道の駅で須賀川茶の新茶を頂いた。渋みがまろやかで、美味しい。黒羽茶とは茶園が違うのね。

今日から月曜までAPOLLOの音楽祭りがあり、また民族音楽ブースを聴いて回りたいと思ってる。

近ごろには珍しくまったりしていた日。加入していたAmazonプライムが勿体ないから、気になった映画があれば配信で観ることにした。

2017年6月20日(火)

雲巌の静謐を飲んだ。尖ったところのない穏やかな風味。地元産の紅茶ってことで、チャノキがこんな好い香りのする飲料になるんだねえという、身近な感動がある。

青い梅の実はスーパーでキロ780円。前に見た値段よりいくらか値下がりしており、シロップ作るなら今時分か。

明日の天気予報では日がな強めの雨。カモミールのアブラムシ対策に、洗剤と油の混合希釈液をスプレーで噴霧しようと思っていたのだけれど、虫がいなくなってくれる前に雨で液が洗い流されそうだ。

昔訪れて記憶に残っていた清水、これは想像よりも近辺にあると今日判明したため、近々行ってみる予定。ぼこぼこと冷水があふれ、その周囲に珍しい魚がいたことを覚えている。

2017年6月21日(水)

夏至。夕刻より雨止む。強風で小玉すいかとまくわうりのつるが傷んでいやしまいか。

今月でうちの猫は十一歳になる、はず。あとで確認すると思う。

2017年6月23日(金)

アブラムシに件のスプレーが効いたため、ししとうの虫にもそれを散布しておいた。殺すのは忍びないけれど仕方がない。小玉すいかには雄花が咲くようになり、もう少しで結実できそうだ。

神社の近くに住む方から、湧き水にニホンザリガニがいるとか聞いたり、美生柑を頂いたりした。今降ってきた雨で天気はしばらくの間ぐずつくらしい。薄曇りくらいの雲行きで紫陽花撮りに行きたいなあ。

2017年6月24日(土)

鳥山雄司の3×5と溝口肇の世界の車窓から Next Journeyを聴いてる。今まで思い至らなかったが、僕は作品を作者から読み解くほうの人間だな……。

思いがけず「言の葉の庭」を観る機会があり、あーこれ梅雨の物語だったんだとタイミングの良さがありがたい。

どうもここ数日のあいだ、久しぶりに海へ行きたい、海を見たい気分になっている。茨城の大洗なら最寄りで磯も砂浜もあり、一番手頃な海岸であろう。行きたいというか、嗅ぎたいのと聞きたいなのかな。日帰りでの八溝山地越えは恐ろしいから、宿を探すことにした。

2017年6月25日(日)

庭木の枝を切ったり、カウボーイビバップを途中まで観たり。今降り出した雨で涼しくなるだろな。

2017年6月26日(月)

lisnのお香というかインセンスが好きで、眠る前に焚くことがけっこうある。たばこや蚊取線香も好きなのでそのへんの節操はない。一方で香水など、火を介さない香りにはあんまり惹かれないなあ。

土/雨降り/潮の匂い/朽ち木/植物園/お茶、大雑把に思いつく好きなものでこんな感じ。火を付けてない葉巻の獣臭さ、あれすごく好きなんだよねえ。

で、いまインセンス焚いてる。こういうのは寛いでいるときはいいね。

2017年6月28日(水)

夕暮れに、薄雲で天地の境目が明瞭でなかったり、空が青でなく赤みを帯びていると、ああ夏の空だなと思う。今日はずいぶんと蒸し暑い。

2017年6月29日(木)

終日薄日。午後から光化学スモッグ注意報発令。小玉すいかに二番、三番目の雌花が咲いたため、念入りに受粉させ日付入りのタグを付けた。日が暮れるころになり、今夏初のにいにい蝉が一匹で鳴くのを聞く。

農道を走っていて、どこか遠くへ行くのが楽しかったことを染み入るように思い出し、同時に海の記憶が蘇った。梅雨が明けたら海に行くか。素泊まりで安い宿、出来れば夜に波の音が聞こえてくるような海浜の宿を探すつもり。

先ほどちょっと懐中電灯を持って外に出ると、意外なことにもう夜の虫の音が聞こえてきた。梅雨明けにもうひとつ、テント泊で八方ヶ原へ行く予定も立てたい。

過去の雑記

2010

2011

2012

2013

  • 2013/01
  • 2013/02
  • 2013/03
  • 2013/04
  • 2013/05
  • 2013/06
  • 2013/07
  • 2013/08
  • 2013/09
  • 2013/10
  • 2013/11
  • 2013/12

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020


  • Since 2010/06/27
  • Copyright © 2010-2020 ヱニス All rights reserved.