イナカの灯台

RSS

2016年9月

2016年9月1日(木)

エアコン取り付け交換の日。最近のエアコンってのはなんでこんながしがし冷たい風が出てくるの。よろしい。

スマホのバナー広告にトリックスターと書いてあって思わず押してしまった。空似。設定継承を謳いつつ、アサシンにも冒険家にもなれるきつね耳めがねお姉さんオンラインじゃあありませんでした。

ホーリービーストをまたやりたいなあ。クローズドβからサービス終了まで唯一熱を上げたネトゲ。

2016年9月2日(金)

薬用石鹸は使い続けると手を荒らすことがよく分かった。ミューズの泡になるハンドソープ、あれのせいだと思うけれど、右手に出来たささくれが水に沁みる。指の付け根も少々がさがさになっているし、他のものを使おう。

珍しく店頭で珈琲のフレンチ豆など買う。油の艶があんまり無いが構わない。

2016年9月4日(日)

先日買ってきたコーヒー豆にどうも疑問符を浮かべている。KEYCOFFEEチェーン店での量り売りで、昼下がりにエスプレッソで飲んでた。これは感動が無いなあ。

口を付けたときの、下品な表現になるけれどもたまり水のむあっとするような、一瞬の好ましくない香り。含んで舌でころがしたときに古いお米かお酢を嗅いだような、ごくわずかにそういう印象を覚えるのだよね。真っ先に思いつくのは鮮度のこと。いつ焙煎したものなんだろ。ひとりで考えたってどうなるものでもないし、折を見て珈琲を淹れる友人に聞いてみたい。

普段利用してるウェブショップで生豆も買えるようだ。少量を煎るなら銀杏煎りでOKと人に聞いた。気が向いたら。ここまで来れば底が無い、と思う。

2016年9月5日(月) こおろぎの声でいっぱい

The Piano Guysのyoutubeで見つけた曲をCDで探しているのだが、どこにどれが収録されているのか分からない。オンラインでダウンロードできる彼らの曲は結構豊富みたいなのにどうしよ。

目星をつけていろいろ検索したり視聴していたら、Titanium / Pavane (Piano/Cello Cover) – David Guetta / Faure – ThePianoGuys なる曲に出会う。あれ、このへん(The Piano Guys)からアンテナ広げたら金鉱ざっくざくじゃねえか。

CDの一枚なら、買っちまう……かな。んー。ピアノを叩いたり弦を弾いたり(表現そのまま)、繊細かつ野性的。パーカッションのリズムもいいな。ここしばらくCD手にしてないし、たくさん収録されてるデラックス版を買っとこ。

2016年9月6日(火)

架空ストアからポストカードと本がいくつか。

腰がまだ痛えんで整形外科で飲み薬と湿布を出してもらった。あまり期待していなかったのだが、この効きの早さと鎮痛パワーに夕刻から感動してる。胃薬を出された理由にも得心がいく。さっさと治れ治そう。

2016年9月8日(木)

一日中雨天。

2016年9月10日(土)

きのこ図鑑を読んだりなんだり。

人の孤独が目につくというか鼻に付くというか、ここしばらく、他者の心情に敏感になってる。なんだろ。ぐったりしてると碌な思考が働かないな。怒りとか鬱屈とか正義とか無気力とか、そういった方向へ流れ易いさみしさのことを普段より気に掛けているけれど、人ごとのように案じるなら自分だけにかまけたほうがまだましってものだ。

仰向けのままベッドで安静にしていると、腰の痛みが相当緩和されることに今さら気付き、げっそり。普通の姿勢で眠ろう。

冷淡さや不感症の美徳なんて、たとい装う必要があるとしても、根っこの部分で受け入れたりはしたくない。

2016年9月11日(日) 広島カープが優勝したそうな

しんみりする夕暮れ。層のでかい虫の声や街灯がぽつんと佇む様子に、心が落ち着く。

昼どきにはみんみん蝉がひとりでがなっていた。感覚としては季節が移ろっていくのを感じてる。

2016年9月13日(火)

ポケモンGOの図鑑にピカチュウとベロリンガを新たに追加したり。

2016年9月14日(水)

ヒトカゲ、キングラー、ポリゴンを図鑑に追加。あとカビゴン二匹目。

日がとっぷり暮れたころ、通りすがりの街中のポケストップで補給していくかとポケモンGOを開いたら、カビゴンが近くにいた。どれ、とその細い路地へ入ると、なんか知らねえが車やら自転車やらが止まったり降りたり激しく往来している。どうもそのカビゴン目当てだったものらしい。なんともすごい光景を目にしてしまった。

そういえば、ポケモンGOのアップデートで相棒ポケモンを連れて歩けるというので、エースのブースターを連れて歩いてみることにした。肩乗りイーブイも良いなあとは思ったのだけれど、ありがちよね、と。手持ちのどのイーブイより体重の軽いブースターである。うちのアメショと同じかちと軽いくらい。5km歩いたところでアメを見つけてくれたので、これは悪くないかも。

とにかく今日は腰の痛みが魔法掛けたかのように気にならぬ日で、心の底からありがたかった。このまま痛みが退いていってくれると良いな。

2016年9月19日(月)

ブイズコンプリート。シャワーズ強いな……。

腰の痛みがすっかり解消され、健全な身体のありがたさを再確認。身体が鈍ってたり凝ってるときに、ぐいーんと伸びをして得られる恍惚と快感、あれが好きなんだよね。腰の痛みで一月ほどそれが出来なかったんで、うっとりしながら健康って良いなあと。今日は梨と子持鮎の塩焼きを食べたのでもうなにも言うことはない。

それと、海泡石のシガレットホルダーをとうとう使い古した挙げ句に壊してしまったので、eBayでめぼしいものを物色中。日本には発送しないよってのがいくつかあるけれど、そのへんは出品者と交渉してなんとかしろとサイトに書いてあったため、気が進まないなりに交渉を考えている。

2016年9月21日(水) あちこちで金木犀の香りがする

早生の愛媛みかんが美味しい。酸味が強くて。

りんごの紅玉が食べたいのだけれど、まだ店頭に並んでいない。あれも酸味が強く身が締まってて好きなのだよね。

2016年9月23日(金)

ファミリーマートのコンビニにあんまんや肉まんとおでんの什器が並んでいた。

2016年9月28日(水)

  • 初秋の夜霧
  • 甘い香り
  • 大根、もち巾着、こんにゃく売り切れ
  • かつての同じような自分を思う

2016年9月29日(木) 風の吹く日

メールマガジン配信サービスのメルモが明日15時にサービス終了するそうな。とある個人の創作Webサイトから作品の配信をメルマガ購読していたんで、このお知らせに驚くやら落胆するやら。そこの作者さんは「代替サービスで継続するつもりは無いよ」とおっしゃっていた。

そうか、もうメルマガでは読めないのか。サイトへ行けばバックナンバーを読める様子。不定期配信だったわりには、近ごろ立て続けに作品が届いて有り難がっていたのだけれど。

一抹のさみしさ。

ネットの文章っていうのはどうしても生のもので、気に入ったサイトがあればクローラーを使って丸ごと自分のローカルなHDDに取り込むような真似でもしないとそのうち消えてしまう。WebArchiveや検索エンジンのキャッシュなんかろくろくあてにも出来ないのは、かつて個人のいわゆるほめぱげが隆盛を振るったころの、もう読むことの出来ないあんな作品やこんなのあったなあと振り返るしかないひとさまの創作のことで思う。

あーあー。さみしい。

そういや僕がWeb管理を引き継いでいた老舗のセクマイサークルのサイト、あれも2014年にYahoo! メーリングリストサービスの終了で解散したなあ。僕の持っていたxreaアカウントを割り当てて、サイトの全てを「記憶と記録のよすがとして」今でも残してる。一月に1アクセスでもあればアカウントサービスが有効なようにしてあるんで、そっちはもうかつての遺産。

CDの一枚でもまた買うか。

2016年9月30日(金) 大気がとても涼しい

ドクターペッパーを飲んでも体力を消耗しない、という表現で今の調子を表せるかどうか考えたりしてる。

ゴンチチのベストアルバムを聴いてる。なんとなく耳では知っていたメロディがたくさんあるなあ、という印象。時間の経つのがゆっくりに感じられるし、CD一周してまた最初から聴きに行けるし、このアコースティックな音はとても馴染みやすいと思う。

サークルの先輩にアコギ弾きがいて、彼のオリジナルCDでカヴァーされてたのが放課後の音楽室。あのCD受け取る代わりに二百円支払いつつ、こちらから手持ちも数枚貸していると、見かけによらず音楽好きするんだねえ、なんて指摘されたっけな。だいぶん硬貨の貯まった瓶の貯金箱があった。

今ごろになり少し分かることには、あの音楽好きって台詞が自分の中に肯定として響き続けてるんだなーってこと。なんかあれだ、ムーミン谷の十一月でフィリフヨンカがハーモニカ吹いて以降の描写思い出す。貸し借りの関係にならなくて、変化を与えあって、じゃあね、っていう、仲間たちでの春のしらべをより洗練させてる感じのあれだ。お互いに感謝や束縛の意識は微塵もないあの辺り。

好き好んでの遠回りだけれど、聴きたい方面に関してはそのたびに、なにかしら実り積もってる。

ドクターペッパーが空になったし幾らか経てばおなか減ってくるはず。胃に優しいもの欲しい。うむ。いつだったかスロークッカーが煮料理に便利と聞いた。野菜くずとコンソメぶち込んで火に掛けとけばぐずぐずのスープに、とだけ。

ゴンチチもう三周くらいしてる。一時からのラジアン待つにはいい頃合い。

過去の雑記

2010

2011

2012

2013

  • 2013/01
  • 2013/02
  • 2013/03
  • 2013/04
  • 2013/05
  • 2013/06
  • 2013/07
  • 2013/08
  • 2013/09
  • 2013/10
  • 2013/11
  • 2013/12

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020


  • Since 2010/06/27
  • Copyright © 2010-2020 ヱニス All rights reserved.