2022年10月2日(日)

朝からぬい二人と一緒に山登りへ出かけた。九時に登山口を出発して、そこへまた戻ってきたのが夕方の四時過ぎ。こうしたしっかりめの登山は初めてといってよいように思う。天気はよく晴れて、暑くも寒くもなく風も凪に近い、絶好の行楽日和だった。頂上にいた誰かが「あんまり天気がいいから地上の水蒸気が上がって、風景の遠くまでは見通しが利かない」ということを話していた。山道を歩くとなにかしら考えるんだね……。創作する中で出会った人たちに今度はこちらから会いに行けばよいのでは、そのための準備はもう整っており、あとは自分が旅に出かけるだけだとか。この山には黒曜石の原産地と旧石器時代の遺跡があるとのことで、その黒曜石を拾ってみたい。つかれた。知らないジャンルへ飛び込んだにしては面白がれてることだし、怪我や事故のないよう山に馴れたらいいと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。