2018年12月31日(月)

今年は猫と祖母を喪い、生活の感覚がじわじわと変わった年だった。去年からの禁煙が功を奏したらしく、体温や睡眠といった身体の状態は改善されたように思う。

昼下がりのスーパーはなかなかの人出だった。年越し蕎麦を食べて紅白など観よう。

2018年12月30日(日)

積もることなく路面を濡らす程度の粉雪が、間断なく降りしきる日だった。明日いっぱい低温注意報が出てる。

2018年12月28日(金)

この一年で身に付けた習慣に長湯がある。湯船に浸かりながらラジオを聴いたりネットを見たりして、三十分とか一時間くらいをまったり過ごすようになった。風呂でラジオは去年の五月くらいから続けていたもので、スマホを防水仕様の機種に変えてからというもの、長湯に拍車が掛かった。自分を癒す手段としてお風呂は優秀だと思ってる。

今夜は雪が降るかも、という予報を目にした。五、六年前のダージリンなんかを見つけたし、味覚が冴える雪の晩にお茶を淹れたい。

2018年12月27日(木)

市街を見下ろせる丘でしばし夜景を眺める。当分はここで暮らしていくのかもなとか、こうして年の暮かーとか、この夜景は変わらないなあとか、ほんの少し感慨に触れた。また来る頃には桜など咲いて、もっと暖かくなっていることだろう。

2018年12月26日(水)

今年最後のごみ出しおしまい。気象予報で今年も年末寒波が来ると言っていた。一年いっぱいを喪に服すと決めているけれど、なにも祝わない正月ってどんなんだろうか。

2018年12月25日(火)

四月末くらいのにぎやかな宵を想像すると身体がくつろぐ。それはそれとして「現代俳句歳時記 冬」を読んでいる。冬の季語にはじんわりと広がる味わいがあって良いね。

2018年12月24日(月)

特別なにも祝わずに過ぎ去りし日。ムーミンのコミックスをじわじわと読んでいるところ。明朝は冷える予報。

2018年12月22日(土)

焼却センターに粗大ごみを出してきたり、ブックオフで古本を見繕ったり、ゆず湯に入ったり。

いつか欲しいとここで書き付けていた、ムーミン・コミックス全14巻セットが届いた。少し早いけれどクリスマスの自分への贈りもの。読むのが待ち遠しい。

2018年12月20日(木)

原付に乗っていて老夫婦の車にぶつけられた。直進する道で、無理に右折しようとする対向車に巻き込まれたもの。その場の話し合いで済むようなものだったのだけれど、ああいうとっさの態度には人柄が出るようでげんなりする。男性の「(車のボディは)交換すると高いんだよね」とか「俺が泣く(泣き寝入りする)よ」とか、こちらを気遣う前から牽制するようなふるまい。思い出したらむっとしてきた。

今年も年末寒波の予報が目に入り始めた。二十七、八日くらいに一段と冷え込むそう。