2020年7月23日(木)

作ってるLightroomのプリセットはもう少し増えそう。銀残し(ブリーチバイパス)は意外とバリエーションが豊富なのでは。ちらっと読んだところでは、銀残しはフィルム写真発祥の技術で、それが映画のレトロな雰囲気作りにも用いられているそう。かりかりした精緻なものとどんより重々しいものと、いま二通りサンプルのプリセットがあるけれど、前者を弄っていけばこんなふうな印象を似非で再現できそうな気がする。ほか、薄明の空向けのプリセットは色転びを好き放題に弄っており、カラフルというかファンタジーな写真が出せそうな感じ。フィルターを提供する画像加工アプリはどんどん便利で手軽になってきているから、のんびりしていると置いて行かれちゃうんじゃないか、と思う。おもに視座と印象の面で、自分らしい写真を生み出せるようになれたらいいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です