2018年10月13日(土)

東武宇都宮で開催されている写真展、岩合光昭の世界ネコ歩き2へ。ヴィーナスの誕生そっくりのポーズを取っている猫や、マフィアのような雰囲気の猫など。どちらかというと暖色寄りの発色をした写真が多く好感を持った。猫と風景が馴染んでおり、日付変更線を逆に辿る展示もテーマに沿っていてよかったのではないだろうか。

ついでに文具売り場にて、一日一ページの構成になっているノートを探すも、目ぼしいものが見つからなかった。来年まで時間はあるし、最寄りでもっと探そう。その後、バイク店にてメットを見繕い、帰路。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です