2019年6月30日(日)

八時を過ぎても西の空に色が残っていた。昼下がりに聞こえたにいにい蝉のじーという声と、夕時の蜩のぎんぎんする残響が、それぞれ今夏の初鳴きだった。

叔父の葬儀のあたりから、なんだか他人の欠点に目が行っているなあ。早めに布団へ行くがよかろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です