2019年3月22日(金)

きのう、都内で桜が開花したとか。一新されたradikoのUIに慣れない。

ラジオの話になるけれど、ひとが話している後ろから差し込まれるディレクターの誘い笑い(というのか)、あれ苦手なんだよなー。相手のいるいないに関わらず、話し声は対象のひとりに集中して聞きたい、あるいは順番に聞きたい。要求しているものがラジオ深夜便のような「お行儀のよい話し方」で、話し手と聞き手の構成は対等であるべきだと勝手に思っているんだろう。同じ理由から民放ラジオによくある割り込み発言も苦手。あれはなー、男女一人ずつで構成されている番組では、発言権の重心が偏っている印象がある。割り込むの男性の方が多いような。意外なことに、こうした脳内フィルターをすり抜けてくるのが「やまだひさしのラジアンリミテッドF」で、まあ今夜の放送なのだけれど。ここまでぜんぶ主観。

なぜか今になりFIELD OF VIEWとか聴き出してる。というのは正確でなく、メインストリームの音楽をきちんと聴いてみたいとかねてより思っていたところに【更新】Twitterユーザー1万人の「好きなアーティスト」集計結果(1位~200位) [音楽]という記事を見かけ、良い機会だからこれまでのヒットをさらおうと腰を上げたのだった。

去年の診療で様子を見てみましょうと言われていた右下の奥歯の穴が、ふときょう確認したら思いのほかでかくなっており、一ヶ月後の改元との兼ね合いから一抹の不安を感じ始めた。これは週明けに予約入れる。

2019年3月20日(水)

地元のアメダスにて今日の気温は-1.0/21.0度。寒暖差が15度あると荒ぶる季節の印象があるけれど、20度というのはシーズン中にもあまり見かけないようなブレ幅だ。宵のころ、月の放つ光芒が天空を駈けて西の地平に到達しているのを眺める。

2019年3月19日(火)

彼岸につき父の墓参り。昨年秋に亡くなった祖母の墓は他所にあるから、また違う機会に立ち寄るかも。

2019年3月17日(日)

頼まれてた浚渫おしまい。やつれつつも抗がん剤の治療をあと二回残している叔父は、その副作用と先の見え無さに長らく打ちのめされており、このごろは言葉遣いの棘がことさらきつくなってきてる。内心でさみしがっているのだから、そちらの家族がもっと叔父を構ってやればいいのにと思うけれど、まあ他所の家庭だしね。僕は叔父から依頼があればぼちぼち力になろう、くらいに思っていることにする。いつだったかここに書いたけれど、周りに病人を見かけたら適度にかまおう、と決めているんだった。

ラプサンスーチョンの野火の香りがうんまい。今日は用水路を浚う傍らで枯れ草が燃やされていて、これが末黒野なんだなーと見たり嗅いだりしていた。土筆の姿も一本確認。

2019年3月16日(土)

カエデを倒す庭仕事ののち園芸店へ。うちには種から育って冬を越したアーティチョークが一株あり、店頭にわさわさと並んでいるのを見つけ、もう一株買うことにした。どうやら互いに品種が違うみたいだな……。明日か近いうちに園芸特化のホームセンターを覗きたい。苗なんかを買ってくるには時期尚早だろうけれど、夏までの園芸の予定を立てやすくなるし、意欲も上がるもの。

2019年3月15日(金)

東那須野公園を母と散歩。宵頃、雷が鳴るのを三、四度耳にする。そのあと落雷と激しい雨が通り抜けた。

2019年3月14日(木)

ちらほらとたばこを喫う夢を見る。黒たばこのうま味とかオリエント喫味の葉っぱのこととか。ぐぬぬ。バージニア葉の甘くて美味い谷に一度踏み込んだ以上、禁煙というのは生涯にわたる禁欲なのだなあ。一昨年の秋に禁煙してもう一年以上経つのだけれど、こうしてあれが喫いたいとかなんとか書き付けるに、禁煙の基準を緩めたって良いじゃんね、とかよこしまな発想が出てくる。もうニコチンを摂らないし、喫わんのだよ。

プランターから生えてきた謎の葉は行者にんにくではなく、なにか別の植物のようだ。植えた記憶が全くない。