物語の端切れ

女がその古寺を訪ねたのは、夏も真っ盛りのある朝のことだった。
_
     ──『蝉時雨』

ひとこと板 Log...>

[an error occurred while processing this directive]

Mail

NAME :
MAIL :
TITLE :
MESSAGE :
 

137...

Days gone by - 2014 Second half

2014年1月15日(水)

しばらく書かないでいると、書き方を忘れてしまうものらしい。

リハビリになるかは分からないけれど、2013年からこの一年で購入していたCDのタイトルでも並べてみようと思う。時期の早かった順。リンクはAmazonへ。

谷川賢作 - 「その時歴史が動いた」オリジナル・サウンド・トラック
お正月にNHKを観ていて、このピアノの曲いいなあと思ったのが購入の切っ掛けだった、ような気がする。
鳥山雄司 - コンプリート 「世界遺産」 テーマ曲集
NHK総合の方の「世界遺産100」のBGM集を買おうと思って検索をしていて、代わりに見つけたのがこちら。鳥山雄司という方を知ったのはここから。
チコ&ザ・ジプシーズ - 愛と情熱のジプシーズ
たまたま耳にしたビールのテレビCMの「ボラーレ」が気になって、youtubeで幾度も聴いた挙げ句、購入。いいお買い物。松崎しげるって方は好ましく濃いなあ。
茶太 - 睡眠都市
大嶋啓之さんも茶太さんもよく知らなかったのだけれど、「シンカイ」という曲をむかしmuzieで拾ってからずっと気になっていて、去年になりサンプル曲をWebサイトで聴き購入。内容も好みだし、歌詞カード(ブックレット)も音楽全体の雰囲気に合っていて良い感じ。眠れぬ夜など思い出したように聴いている。
Various Artists - a circus troupe ~Gravity's Clowns:Music from and inspired by the motion picture~
これはなぜ手にしたのか忘れた。いま聞き返してみてもいまいちピンと来ない。重力ピエロ?
大嶋啓之 - ハルモニア
「睡眠都市」がたいそう気に入ったので続いて。
note native - TOKYO MARATHON MUSIC presents RUNNER'S CHOICE!
JFNラジオで朝四時から「音楽自由区。」という番組があって、エンディング曲がReach Your HeartからThe day we uniteに代わったのを受けて。youtubeのその二曲は僕が勝手にアップロードしたもの。残念ながら音楽自由区。は2013年10月1日(火)に放送終了。僕が組んだプレイリストを音楽自由区。さんが採用して下さって、一時間半丸ごとオンエアして下さったのは懐かしい思い出。謝礼にiTunes5000ポイントカード頂いた。note nativeのアルバムは他にも二枚ほど持ってる。
Thaory Pan Demic - loves  ジブリ Orchestra
なんだかジブリの音楽が聴きたくなったのだよね。
久石譲 - 紅の豚 サウンドトラック - 飛ばねえ豚はただの豚だ!
同上。どちらかというとボーナストラック的な加藤登紀子さんのうたが佳かった。
青木カレン - Twilight Jazz -Standards with -Piano & Guitar-
ぐにょんと疲れた帰路にふと、CDでも借りていこうとお店のそれっぽい棚をボソボソ眺めていて手に取ったもの。棚のジャンルはヒーリングだったかジャズだかフュージョンだか忘れた。青木カレンという方のことは名前だけ知っていて、のちのち地味にハマることになる。
PAX JAPONICA GROOVE - radiophonic
youtubeで聴いた「大航海」という曲一つのために購入。いいと思う。
猫叉Master - Raindrops
「The Smile of You」が好みだったのでCDを買ったところアタリだった。
Zoltan Kocsis - Debussy - Children's Corner,Suite bergamasque,Les Estampes-Zoltan Kocsis-
たしかドビュッシーの曲をまとめて聴いてみたいと気紛れをおこして。前年の十二月にドビュッシー生誕150周年コンサート(地元ホールの)を聴いていたんだった。
Various Artists - Piano is Beautiful
ピアノの曲が聴きたくなり。手に入れてみたものの、そこまで聴き込んではいない。
坂本美雨 - THE NEVER ENDING STORY
リマールのは映画で聴いたことがあり(岩波のはてしない物語から入った)、ラジオで流れていたこれがよかったので。リマールはMP3のダウンロード販売にて128kbpsの頃のもので、もう少し音質のよいものが欲しかったというのもある。オリジナルの風を切る効果音はそれはそれでよかった。
安田レイ - Best of my Love
アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」のエンディング曲でおや? と気になり、Amazonにて予約注文。日本人らしい歌詞だと思った。
スキマスイッチ - 夏雲ノイズ
「螺旋」をyoutubeで聴いていいなあと思い購入。上記で邦楽(JPOPと言うのだろうか)が三連続だけれど、こういうパターンは珍しい。
鳥山雄司 - GOLDEN☆BEST 鳥山雄司~Sony Music Years~
上の「世界遺産」で御機嫌だったため、このひとの音楽をもっと聴いてみたいなあと。
Ally Kerr - Calling Out To You
アニメの方の蟲師のオープニングだったかで「The Sore Feet Song」が使われていて、そのギターの音が好きになり。
Various Artists - ゆったりカフェジャズ
上の「Twilight Jazz」の続きとして。台風の日の晩にこういうの聴きたいなあと思っていたのをTSUTAYAでレンタル、のち購入。似たようなもので榊原長紀 - 夜カフェ- relax timeAcousphere - 家カフェなども手元にある。
Jazzin' park - A DAY IN THE LIFE
Jazzin' parkの名前はわりあい早くに知っていたのだけれど、そのころはまだFreeTEMPOのアルバムを探し回っていてあまり注意を払わなかった。FreeTEMPOが終わりになってようやく手を伸ばし。
Freedom Orchestra - Freedom BOSSAII
カヴァー曲のViva La Vidaが自分好みの柔らかさで。
Coldplay - Viva La Vida Or Death And All His Friends / Coldplay - Viva La Vida - Prospekt's March Edition
ラジオで聴いて耳に残っていたし、どうせだから上のと一緒に元の曲も聴くかあ、と。「素晴らしき生命」よりもこのアルバムを選んだのは入っている曲の数が多かったからだけれど、ジャケットは前者のドラクロワの方が好き。
Pyramid - PYRAMID3
鳥山雄司に惹かれて。中身は言うまでもなく、ライナーノーツ(と言うのだったか)の三人組が格好いい。Pyramidの1stアルバムは現在、どうも入手困難らしい。

 
*****

改めて数えてみると、ひと月に二枚のペースで音楽CDを買っているなあ。そして節操がない。一つの曲を「これいいな」と思ったときにはもうyoutubeやAmazonで検索している。あまり効率のよい方法では無いようには思うが、思いがけない出会いもあったりする。……iPod nanoの楽曲管理のiTunes、あれはソフトウェアが滅法重い上に使いづらくて、しかし長年使い続けてきたFLAC、ALAC再生のできるWinamp Proはふた月前に公式が開発をやめたし、どうしたものだろうか。

近ごろは好奇心のアンテナが全く萎えていてあれこれとは手が伸びないのだけれど、代わりにラジオを録音予約しておいて暇なときに聴く。使っているのはradikaというRadiko録音ソフト。A・O・Rやまだひさしのラジアンリミテッドフライデーなど、曜日と時間ごとの設定で勝手に録音してくれるので有り難い。

震災のときラジオが役に立って、ポケットラジオをもうひとつと用意しておいたのをきまぐれに弄っていたのが聴くようになった切っ掛けなのだけれど、音楽自由区。なんかは一つの放送が一つの作品というか美しいプレイリストで、録音もしておいて聞き直すのが常態だった。オンオフ問わずこういうツールがもっとあればいいのにと思う。

2014年9月27日(土) - nPOPQのデータベース破損のこと

常駐しているメーラー「nPOPQ」が終了処理に失敗してログを保存出来なくなった。のを、「nPOP(Q)カスタマイザ」で解決した顛末。

いちおう書いておくと、nPOPQがクラッシュを起こすまで、巡回していたアカウントの数は26。それらのDatファイルサイズは合計で800MBあった。このメーラー、Netscape Communicatorの代わりに使い始めた記憶がある。そうしてこういう困ったできごとに幾度か遭遇してきて、そのたびログを少しずつ失っていった。それでもnPOPQを使っているのは惰性もあるのだろうが、基本的な使い易さシンプルさと小細工の利きが大きいんだろう。

で。

nPOP(Q)カスタマイザの配布元は現在、閲覧出来ない様子。Vectorからダウンロードできるバージョンは01.04.02だが、InternetArchiveにVer 01.04.06が残っているのでそちらを使う。

lzhファイルを解凍して適切な場所に置き、nPOPcust.exeを実行する。はじめに「nPOP(Q)のインストールディレクトリを選択してください」と出るので指示通りに。「ファイル」タブの「データ保存先ディレクトリを指定」にチェックを入れ、Datファイルの保存先を指定する。あらかじめnPOPQの下に空のフォルダをつくっておくとよいだろう。

ウィンドウ左下のプルダウンメニューがnPOPQであることを確認し、「設定書き込み」と「起動」ボタンを押してカスタマイザを終了。これでまっさらな各Datファイルが作成される。

ここからnPOPQの設定。受信箱の各アカウントを右クリックして「新着取得位置の初期化」→「最初から取得」→OK。新着チェックを行うとサーバー上のメールがすべて読み込まれていく。僕の場合はオプションの受信設定で「新着取得時に本文をすべて受信」と「ヘッダと本文を保存」にチェックを入れていたため、アカウント一つ一つのメール取得にやたらと時間がかかった。カスタマイザの「送受信」タブ→「POP before SMTP」→「認証後の待ち時間」のデフォルト128ミリ秒をより短く設定するといくらか読み込みが早くなる気もするが、その辺はサーバーと回線の調子次第だろう。

この作業を一アカウント毎に繰り返し、nPOPQを終了させてDatファイルの保存処理がきちんと行われているか確かめる。要するにクラッシュの原因の特定だ。壊れているアカウントのDatファイルを特定できたら、そのアカウントの直近の受送信記録を削除してみる。大体は移動前のSaveBox.datかSendBox.datに問題があるのだ。二つともテキストエディタで開けるが、エンコード形式が内部でまちまちなので、その辺の編集に強いGreenpadなどをおすすめしておく。

それが終わったらもう一度アカウントを右クリックして設定画面を開こう。「アカウント設定」の「送信」タブで「送信時に自分宛てにコピーを送信」のチェックを入れる。これはnPOPQの送信箱や受信箱がクラッシュしていた場合上記の方法以外ではどうしようもないので、記録を確実にサーバーへ残す上での今後の対策となる。

さて残るはアドレス帳。カスタマイザで保存先を移動したためnPOPQには表示されずにあるが、nPOPQ.exeと同じフォルダにAddress.lstというかたちで置かれてある。nPOPQをいったん終了してから新しい保存先へコピー&ペーストで移動させ、再びカスタマイザを開き「その他」からアドレス帳をCSV形式にエクスポートしておこう。保険はあって困らないし、ほかのメーラーやSNS検索でCSV形式の互換性があるのは役に立つ。

nPOP(Q)カスタマイザには様々な設定項目があるけれど、あとは各々に任せて今日の雑記ここでおしまい。

2014年10月16日(木) たばこでも喫っていきなよ

di-a・ry /dáIəri/
【原義:(食料・給料の)日々の割り当て(daily allowance)の記録→日記帳】
━━[名]((複)—・ries /-z/) [C]
1 日記, (個人の)日誌(cf. journal)《◆英語では diary は心の友としてしばしば擬人化される》
kéep a ~|日記をつけている《◆長期間の習慣的行為を表すから×keep a ~ every night [day]のようには通例言わない》
write in one's ~|日記をつける《◆(1) 個々の行為. (2) write one's [a] ~は「(一度に)1冊分の日記を書く」のような意味になり, 不自然》
He told his ~ that she had come to see him.|彼は日記の中で彼女が会いに来たと書いている《◆英語では diary は擬人化されることがある》.
[語法] 日記では, 日付・天気は Monday, 「May 1 [[英]1 May]. Fine. の順で書く. 主語 I は省略することが多い.
2 [英]年間覚え書帳(appointment book), 日記帳, スケジュール帳([米]calendar, datebook)
I'll look in my ~ to see if I'm free next Tuesday.|来週の火曜日は予定がないかどうか手帳を見てみます.

ジーニアス英和辞典 (C) Taishukan

へー。

ひとがたばこを取り出したときに火を差し出すクセ、なんとかならないかなあ。反射的にやっちゃって厭になるんだけど、十代に受けた教育はなかなか忘却できないらしい。先日もこれをやってげっそり。頭の軽い。

頭といえばそろそろ髪を切らねば。ここは日記というより、ありがちな雑記か備忘録あたりになりそうだ。140文字に慣れると長い文を書く勢いが無くなる。

2014年10月17日(金) 書き散らす

今朝の霧は昨晩のらいさまのせいだろう。日中は快晴で風強め。この冷え込みに富士山の初冠雪や北海道での初雪、紅葉の知らせが届く。

NHK-FMにセッション2014なるジャズ音楽番組があると知って録音しておいた。のを、今聴いてる。

思い返せばジャズなるものが気になったのは今年の春、那須野ヶ原公園の管理棟で流れていたBGMが切っ掛けだ。職員にこのBGMはと訊ねたところ、それはですねと「Best Jazz Piano Standards 100」の一曲――どれだったか忘れた――を教えて頂いて、それから聴き心地のよさにちんまりとアンテナを伸ばしていた。

今日のセッション2014は再放送で、日曜日の夜十時半からはNHKホールでの生放送だとか。radikoやらじるを録音するようになり一年経つけれど、もっと早くから聴いておけばよかった。

このところラジオ深夜便を流している。音楽自由区。の代わりを探していて、落ち着いたのがそれ。音楽自由区。は「聴く」だったけれどこちらは「流す」で、パーソナリティの静かな声が未明を移ろってゆく。週末の夜はやまだひさしのラジアンリミテッドFのために、朝まで起きていたりする。

そういえばiPod nanoにもFMの受信機能はあったはず。これ買った翌日にアップルのジョブズ氏が逝去したことだけ覚えてる。

先ほどクラフトエヴィング商會、吉田音のBoleroを再読していた。毎晩少しずつかじるようにページをめくり、あとがきを残して読み終わったところ。これや兄弟本のThinkには、雨上がりにきらきらと虹か朝陽の射すような、柔らかい色彩を覚える。現在は商會名義の本をほぼ読み終え、吉田篤弘の本を発掘しているところで、やはりどれも繰り返しかじるように読む。ミルリトン探偵局シリーズの続きはいつかいつかと焦がれている。

2014年10月18日(土) 通りすがりの睡魔

今秋初の気温一桁台。明け方がいよいよ冷え込んできた。

「らーめん食べたい ひとりで食べたい あついの食べたい」というフレーズが一昨年の冬から気になっていて、検索したところ矢野顕子さんの「ラーメンたべたい」という歌だった。youtubeで聴いて、美しい旋律に驚いた。失恋の歌だろうか。

おそらく隣の市から花火大会の音が轟く。

2014年10月19日(日) あくび

2014年10月20日(月)

晴れのち曇り。夜になって雨がぱらつく。

今朝、起きると台所の床に牛乳の池が広がっていた。買ってきた紙パックの底の方から少しずつ染み出していたらしい。だらしないことに偶然仕舞い忘れていたことで冷蔵庫のびしょ濡れを回避できて納得しがたい。

ここ数日間は肩こりがひどくてストレッチなど試していた。それで消炎剤があるのを思い出しぐいっと塗ったところ、熱いのか冷たいのか分からない感覚とともに、ものの数十分で凝りの感覚が消えた。富士薬品さんすごい。ついでに眼球が涼しい。

普段通る道で行われていた歩道の拡張工事と交通整理は、今日で電柱や電線の移動が完了したらしい。お疲れさまでした。

今、レディオベリーでCMの合間に榊原長紀の夜カフェが流れていた。このアルバムは持っていて、クセが無いのでたまに聴く。

雨蛙が鳴くのに合わせておやすみ。

2014年10月22日(水) 粧して化ける

火曜日サボりになっちゃった。一日中霧が掛かっていて、その後小雨。二十一日夜にオリオン座流星群が極大になるとのことだったのだが、今日は明け方から夕刻まで霧雨だった。うーん、またの機会に。

歴史秘話ヒストリアOSTの三枚目が出ていて、これは中古レコードのチェックとの兼ね合いだなあ。

ダージリンの秋摘みが値下げセールされていてこれも気になる。春や夏物ばかり好んでいたころとはまた違う趣。

霜の降りぬうちにどこか温泉野宿に行きたいなあと思っていた。もうなんだかえれー寒いので、そのうち近場の温泉施設で欲求を解消しようと思う。

メモ:流感の予防接種

2014年10月23日(木) もみじのかんざし

以前、ある交差点の角に立派な柿の木があって、この時期には熟れた柿が枝から落ち、醜いほどに潰れて道路に広がっていた。去年その木が切り倒されつまんないと思っていたところ、その奥まったところにもう一本別の柿の木を見つけた。桃栗三年柿八年と言うし、道路脇だからとはいえ、柿の木を切る為にはずいぶん思い切ったのではと憶測。

大竹まことの本に、いい大人が柿どろぼうをして囓ったら渋柿だった、というくだりがあり、柿の思い出というものはどうも人それぞれを魅了してやまない様子だ。そういえば祖父が干し柿を作っていた気がする。

Twitterのあれこれでレシピ本の折本を印刷した。面白いなーなんて思っているうち、自分にもそんなレシピがあったはずと頭をひねっていて思い出した。

抹茶少々に片栗粉、砂糖、湯を適度にカップで混ぜてダマにならないようにし、電子レンジで数十秒、とろみがついたら撹拌。それで抹茶かたくりの出来上がり。抹茶の他に柚の皮やおろし生姜、シナモンパウダー、インスタントコーヒーなどフレーバーは色々あり、風邪を引いたときにおすすめ出来る。加熱しすぎると片栗粉が餅になる。砂糖は多すぎるくらいが良い。

ここ数日でめっきり虫の声を聞かなくなった。北海道のどこか気象台で紅葉の観測が始まったし、山の上も色づきはじめているだろう。赤や黄の色とりどりな写真を撮りに行きたい。

2014年10月24日(金) みかん

名物のたい焼き屋が開店していた。ここは秋冬の営業なので、地域の人々にとっては季節の知らせだ。いつ通りすがっても人が列をつくっていて、メニューは粒あんとカスタードが一個110円だったように覚えてる。近くに見晴らしのよい城跡があり、そこで市街を一望しながら食べるたい焼きはじんわりと美味しい。

夕餉の買い物でみかん詰め放題とあり、微妙に値段が高かった。ほかのスーパーで探そう。

明日と明後日は那須野巻狩まつりがある。天気予報を見るに、明日の日中はおおむね晴れる見込みとのこと。ただ、今日の25時からのラジアンを聴きたいので、明日の朝はちとむつかしいかなあ。きっと眠気との闘いだ。

2014年10月24日(金) みかん

名物のたい焼き屋が開店していた。ここは秋冬の営業なので、地域の人々にとっては季節の知らせだ。いつ通りすがっても人が列をつくっていて、メニューは粒あんとカスタードが一個110円だったように覚えてる。近くに見晴らしのよい城跡があり、そこで市街を一望しながら食べるたい焼きはじんわりと美味しい。

夕餉の買い物でみかん詰め放題とあり、微妙に値段が高かった。ほかのスーパーで探そう。

明日と明後日は那須野巻狩まつりがある。天気予報を見るに、明日の日中はおおむね晴れる見込みとのこと。ただ、今日の25時からのラジアンを聴きたいので、明日の朝はちとむつかしいかなあ。きっと眠気との闘いだ。

2014年10月26日(日) うとうとと

晴れのち曇り。読書や音楽を聴いたりして過ごす。

紙面の書籍紹介欄で吉田篤弘の「電氣ホテル」が目にとまった。クラフト・エヴィング商會の「星を賣る店」でいつか書くと触れられていて、これは楽しみだなーと思っていた本だ。Googleアラートへ吉田篤弘の語句を登録しつつ、刊行日などを調べていた。星を賣る店に寄れば電氣ホテルというのは、著者が古書市場で偶然見つけた大昔のちらしだったか広告の見出しで、そこからアイディアをひねっている最中、とのことだった。とにかく読むのが待ち遠しい。

昼餉のあとで豆乳パックのキャップを猫に与えたところ、ものすんごく荒ぶって遊んでいた。猫にも好みがあるらしく、ペットボトルのふたは飽きたのか近ごろあまり興味を示さない。

今夜はNHK-FMでセッション2014があるのだけれど睡魔に勝てそうにない。録音で聴こう……その時間に居合わせていたいなあ。

2014年10月27日(月) たまに調子崩すとこのとおり

今朝は珍しく、怠くて二度寝した。朝四時の体温計は36度ほどで、先日の肩こりつながりだろうかなんて思いつつ、夕刻また測ったら7度1分。怠さと火照り、節々の痛みなど諸々が確実に風邪のそれだ。ふらふらとドラッグストアへ向かい風邪薬を購入。とっぷり暮れた帰り道、荒ぶる夜風が涼やかに心地良く、遠く那須山麓の街光も秋じみて美しい。家についてから西方で木枯らし一号との報を聞いた。思ったより熱があったみたいだ。

明朝はまた冷えるそう。猫をフェルト生地の小屋へ押し込んだところ、存外気に入ったらしく中の敷き毛布を踏みながらぐるぐる言っていた。

お茶を飲んでA・O・Rの録音聴きながら眠ってしまおう。

2014年10月29日(水) 冬支度

一日中快晴。昨日、那須連峰の茶臼岳に雪が降ったそう。雲一つない空のもとでちらりと眺めたが、それらしきものは見えなかった。

なにかいろいろ書くことがあるような気がするけれど思い出せない。そういやドリフターズ四巻読みました。シャイロックみたいな風貌の友人いるなあ。

Googleアラートで風力というキーワードを定点観測していて、V164-8.0MWという発電試験機が今すごい。あれだけの規模になると、翼端の構造がどうなっているのだろう。

2014年10月31日(金) 紅葉はまだですか

風邪は治ったぽい。

アナログ盤のNamorada do Vento e.p.、A面のこれは夕景の曲だね。BAYAKAのAMANECE 2003 REMIXがチクロマーケットに入荷していた。Amaneceは今のところ僕の知っている曲で一番のお気に入り。

まだ鳴いている虫の声が開け放した窓から聞こえてくる。明日と明後日は市の産業文化祭なのだけれど、お天気があやしくて行けるかどうか怪しい。空猫吊そうかなあ。

Tカードの個人情報に八十件近い店舗のチェックが付いていて、紐付けを全削除した。ローソンなどのPontaカードはパスワードが引き出せず、メルマガも購読するつもりが無いため、後ほど電話で解除するつもりでいる。

写真画像のホワイトバランスを弄るのって抵抗があるのだけれど、来年のカレンダーを作にはレタッチソフト使うだろう。いや、うん、使うな。使う。

2014年11月1日(土) 風になびいた君のその髪が僕の言葉を燃やしてしまうよ

一日中雨。気温そこそこなのに手先が冷える。たばこに音楽に読書など。

「よき雨の日の一枚」を撮れると良いと思う。そういうのを撮れるひとはきっと、いい感性と行動力を持ってる。50mmマクロに関しては、AFが頼りないお陰でMFの技を少しずつ会得しつつある。Rollei 35は汎用性の高いキノの旅ポーチへ収納。

ライターの片割れを修理に出さないとなあ。それと、パイプ用のアーク・フルアロマで手巻きたばこに手を出したい。現在はドライシガー、エクスプローラーのバニラが気に入ってる。

2014年11月2日(日) 怠惰を弄ぶ

産業文化祭には結局行けなかったものの、電氣ホテルが痺れさせてくれて、数ページめくるごとに放心してる。帯のアオリからして脳漿ハミ出すほどに香ばしかったのだ。

セッション2014井上陽介カルテットの生放送のため待機。

追記:NHK-FMでセッション2014のあとの「眠れない貴女へ」。深夜の女子会って触れ込み。パーソナリティは村山由佳。開始から五分経過で選曲がいい。

2014年11月3日(月)

晴れの特異日はさすがに晴れた。風強し。

散髪で親知らずの話になった。肩こりの原因だから抜いてしまいなさい、と軽く言われたが、下の親知らずは横に生えていて抜歯に躊躇いがあるのだよね。

おおたわらハートFMプラスを聴くうち、那須神社からのリポートで記憶が無くなっていた。そういえば、銀杏並木の道道でげっ、となるほどにぎんなんを撒き散らしていた木を思い出す。

今日は月の光が冴えてる。二十三日の新嘗祭と市のマラソン大会はどちらへ行ったものか。

2014年11月5日(水)

路傍に狸が轢かれているのを見かけた。今年の夏の終わりにも同じ道で同じのを見て、せめてと草むらの中に除けてやったものだが、今回は見過ごした。

ひとり鍋やろうかなあ。白菜と木綿豆腐と鶏肉と春菊、出汁になるようなもの。あと梅酒。今日は珍しい名月とのことだけれど、曇っていて見えない。

2014年11月7日(金) ひとり鍋用の鍋

一日中風強し。スクリーン投影式のプラネタリウムで、秋の星座に関するあれこれを鑑賞してきた。今は雲が出ているけれど、天体観測や撮影の会を開いてますよとのことだから、そのうち参加すると思う。

今時分の明け方東の空に輝くのはなんでしょうかと職員に訊ねると木星らしい。そういった運行を表示する天球儀ソフトも一般向けに販売されているとの説明を受けた。そういったことのほか、星空撮影に必要なのは高額なレンズと最新のボディだから、などの会話。

夕餉に鍋をしつつ梅酒をやる。昔の学友から教わったそれがまだ自分の中に息づいていたんだと思う。彼女は怒るとよくごみ袋を蹴飛ばしていたなあ。

祖父の干芋つくりは手伝ったものだろうかと思案中。週末は雨か曇りの天気予報で、上三依まで紅葉を見に行きたいと思っていたけれど、この様子だと渋滞に飲まれそうだ。手頃な近場でなにか撮れたなら。

2014年11月8日(土)

庭をふらふらしたり、猫のお尻を叩きながら過ぎた日。

じき霜が降りるため、菜園のピーマンを引き抜いた。傍らで薮になっている夕顔に幾つもの蕾を見つける。天気図ではアリューシャン沖の低気圧(台風20号崩れ)が920hPa超えしており、これはもしかしたら近年の記録更新ではないだろうか。

猫のお尻を叩いていてくしゃみが止まらない。かばんに猫がやたらと絡んでいるので外ポケットを覗くと、またたびの粉袋が入ったままなのを忘れていた。あまり嗅がせるのは良くないとはいえ、かばんをげしげし蹴るので平和だなあと思う。仔猫のころはこの中で眠ったり遊んだりしたっけ。最近はよく猫用の小屋にこもっている。

2014年11月9日(日) 猫が籠もる

なんだか気怠い。天気が曇りや雨続きだからだろな。

今日のセッション2014はAvishai Cohen “Triveni”というらしく、前回に比べて非常に崩したスタイル。耳が肥えてないのでよく分からない。でも、悪くない。

市内にいくつか立派な銀杏の木があって、その黄色くなった写真を撮りに行きたい。銀杏はまさに落ちるように葉を落とすからむつかしいのだよなあ。何年か前にたまたま撮れた黄色い絨毯、あれを越える場面に出会いたい。

NHK-FMの眠れない貴女へが始まった。おやすみ。

2014年11月10日(月) 涼しい

2014年11月12日(水) 僕が住むこの街を君はなにも知らない

友人が地元を離れ上京するそうな。疲れたら帰ってきなよ、とだけ返した。

星空を撮った写真が思いの外よくできていて、ISO感度を200で間違って撮ってこれなのだから、1600まで上げたらどうなるかしらんと思案。しばらく曇りや雨なのでそろそろ晴れて頂きたい。予報を見るに明日の明け方が狙い目か。

ルピシアのかみつれ茶をろうそくで煮出している。このろうそく前に書いたけどじき無くなるし、調達しなきゃなあ。うし、A・O・Rの録音聴こう。

2014年11月13日(木) かつてはK-20Dが欲しかった

長らく連れ回してきたPENTAXのK200Dを買い換えたい。目星を付けているK-50は2013年7月発売なのだが、六年前のK200Dの上位互換だ。K-50には更にK-S1という上位互換があるけれど、価格.comでアップされていたK-50の星空の写真に度肝を抜かれた。単三電池四本にAPS-C、Kマウントと条件が揃っていれば乗り換えるには十分すぎる。

それでスペック表を見てる。ISO感度100~51200って。K200Dは100~1600が限界なのに、後者のゼロ一つ多くないか。なんというか時間がごっそり進んだみたいだなあ……。

一年前のスペックとは言え、K200Dをボソボソと六年間も使い続けてきた僕にはK-50は直視できないほどに眩しい。型落ちで、しかもレンズキットでないボディ単体ならなんとかお値打ちだ。来月買おう。中古品なら更に価格帯は下がるのだけど、保証などが気になるところ。K200Dの修理サポートも打ち切られたし、頃合いだ。

2014年11月14日(金) 暖房つける

今朝は0.4度まで冷え込んだ。氷点下も間近だ。ただ今3.5度、どこかでまた雪が降っているという話を聞く。

流感の予防接種が三千六百円也。このくらい、数年前にこじらせて夜間診療窓口に運ばれたのを思い返せば。

デジ一のRAW/JPG編集にLightroom買おうかなあ。いまはPhotoshopとCamera Raw使ってるんだけど、編集に使う領域がぶれたり被ったり。どうせRAW画像の編集をするんなら、いっそのことDxO Optics Proって選択肢もある。LightroomもDxOも一万円くらい。互換性なら前者だがDxOにも憧れはあるし、体験版と懸案事項。

今夜はJET STREAMとラジアンリミテッドFを聴くために夜更かししてる。夜更けの珈琲は久しい。

2014年11月18日(火) 聴いてみなくちゃわからない

昼餉にたい焼きを食す。しっぽまで粒あんみっちり。

TEA LIGHT TIN 50 PCS.PACKをkameyamaティーライトティンの商品名で50個/645円にて購入した。以前無くなりそうだとここで書いたもので、小さなろうそくがmono filio 44200の燭台にぴったり収まる。

以前の商品から幾つかの点で改良されており、

とこんな感じ。きちんと考えて作られてあるなあと感心したよ。今、そのろうそくで寝しなのかみつれ茶を煮出しながらこれを書いてる。A・O・Rの録音聴きつつしばし、一服。

NHK-FMでMISIA アフリカの風に加え、毎週土曜日の夜十一時からJAZZ TONIGHTという番組を見つけた。金曜日の二十五時にラジアンリミテッドFが、日曜日の二十二時にはセッション2014があり、週末の楽しみがまた一つ増えた。

2014年11月19日(水) わらわら

以前から足繁く狙っていた市街の寺にそびえる大銀杏が、あと少しで完全に色づく。うまく風のない冷え込んだ早朝なら、眩しい黄色のじゅうたんが撮れるなあと思ってる。往々にして狙いがうまく行かないのは今から考えることじゃない。染まった色合いからすると今週末がシャッターチャンスなのだろう。

今度の日曜日に

と、立て込んで行事がある。雨なんか降られたらとてもたいへん。

銀杏の黄色もいいけれどもみじや楓の紅葉も撮りたい。紅葉のライトアップは夜九時、来週の二十五日まで続くそう。

大叔父さんと年末年始に飲み交わしたい。打診は早めのほうが良い。

2014年11月20日(木) 太るに決まってる

今朝というか昨日、猫に付き合っていてよく眠れず、日中うつらうつらしていた。

The SCP Foundationとかいう怖いものをさっき見つけちまって面白くてWiki読んでる。オカルトは僕苦手なのだ。ワケの分かんないもの怖い。そんなこと言っておいてX-Fileのスピンオフは何冊も読み込み、DVDも途中まで借りたけど怖くて観るの止めた。書いてて怖くなってきた。これ書いたらまたWiki読もう。

親猫が仔猫を運ぶときの習性の名残で、うなじの柔らかいところにダブルクリップを挟むと猫が大人しくなる、と言う話を聞いた。痛そうだ。でもうちの猫で試しちゃった。中腰で大人しくなったのを確認したのちすぐ止めました。洗濯挟みでもう少し痛く無さそうなものがあれば、動物病院へ連れて行くとき役に立つだろうか。

なんだか近ごろ猫がよくにゃあと鳴くのだよなあ。こちらで語り返す所為もあるのか。八年も一緒に生きていて、今さら猫語が少し分かってきた。

ああ、このところ食事を夕餉だけにしていてお腹が空く。一食を味わうのが美味しいという謎の偏りである。マイブームって死語だろうか。どこかにしわ寄せが来るのは分かっているが飽きるまでやってみる。お風呂湧かして食べてあのWiki読んで眠っちゃおう。

2014年11月21日(金) 投げやり

銀杏の木が黄色に染まっていた。風さえなければ葉の落ちた朝が数日中に来るはず。ねむたいし、二十五時からのラジアンに備えて今から眠る。

一迅社から此花亭奇譚の応募者サービスの小冊子が届いていた。きつね耳属性について今さら書いても仕方あるまい。何年前に応募したんだったか、忘れていたほどに長かった。

2014年11月23日(日) 鮎だけ食べて過ごしたい

今日はセッション2014やらないそうな。残念。代わりにNHKの高倉健さんの特集を観てた。

今年の新そばのそばがきを道の駅で食べた。お碗にそば粉とお湯を入れて箸で練り、つゆをかけて食すだけなのだけれど、美味しくてしばらくにこにこしてた。産直市場で老爺柿(漢字合ってるのかな)の盆栽など見て回り、それから鮎の塩焼きを買い玉藻稲荷神社へ。いつの間にか境内に腰掛けとテーブルが置かれていてへえ、と思った。誰もいない昼下がりだからと、座ってしばらくぼさっと過ごす。鏡が正面から見えるようになのか、狐塚祠の扉は開かれていたっけ。

修理に出していたライターの片割れが帰ってきた。ウインドミルさんのサポートには手厚さを通り越して恐縮を感じる。サポート窓口と修理担当の方々、もう面倒くさいを通り越してほかのことでも考えているに違いない。

さっき猫の目やにを取ろうとしたら嫌がられた。首輪をつけたり外すとき、嫌がる猫を押さえ込んでいるのはいつも僕だ。ちえっ。

NHK-FMの音楽ガハハ((^凹^)ガハハってなんだよ)に、レキシの池田貴史さんが出演しているようで、それを聴いている。誰が誰なのか声だけでは分からない。

2014年11月26日(水)

Twitterの最新フォローさんが気になっている。どこからいらしたのだろ。不思議な。

電氣ホテルに挟まっていた小冊子を眺めていると、村山由佳なる著者の名前に見覚えがあった。うお、とこのログを遡ったところ、NHK-FMの女子会のパーソナリティのひとじゃないか。変な知り方をしてしまったけれど、今は新しい本への欲求はない。

この三日間はあまり食欲が無くて、お天気が雨降りということもあり、げっそりしてた。手早く鍋でもつくっちまおう。

2014年11月28日(金) 夕餉はひとり鍋

曇天。雨の匂いがすんすん醸されてくる日。

ナショジオの12月号が投函されてた。電氣ホテルの方を読み進めてるし、ナショジオにしたって今月号も読み終えていない。ナショジオ一等地な裏面にロレックスの広告があって、腕時計が水深3900mまで耐える防水耐圧構造だとか書いてある。素の人間が潜れるのはせいぜい100mだったはず。特別な実感もなく技術って良いなとだけ思う。

ルピシアのSweetDreams! はほとんど毎晩、寝しなに淹れるから定期便あると便利だなあ。梱包のボール箱もお洒落になってる。

NHK第1でレコード盤が流行りという話を聞き、自分も一つの曲を聴きたいがためにターンテーブル手に入れたので、ありがちかつ微妙な気分。

あまり関係ないけれど、聖剣LoMのSong of MANAを収録してあるだろうAnnikaのCDを長らく探していて、どうやら見つからない。思えば小遣いを貯めて初めて買ったチョコダン2、の不思議なデータディスクのサガフロ2、そのおまけデータで手を伸ばした聖剣LoMなど、ゲームやらなくなって久しい代わりにそれらのBGMはよく聴く。サガフロ2はたぶん人生で一番入れ込んだゲームだろな。

さて、お茶を淹れつつ、ラジアンリミテッドFに備えて仮眠。

備考:はやぶさ2の打ち上げ 11月30日(日)午後1時24分

2014年11月30日(日) 値切るなら価格.com

サトーカメラさんと電話にて事前交渉した。お目当てはここで幾度か話題にしたPENTAXのK-50ボディ(ブラック)そこへクラス10の16GBメモリーカードをつけてくれるそうな。

写真機器離れの昨今、こういった専門店と周囲の電器店が競合したり、顧客を確保するためあれこれ頑張っているのは(主に後者のえぐい立地と値引き合戦から)知ってる。そんなんで、価格.comやAmazonで相場がどんなふうだなどと話題には出したけれど、市内の写真・カメラ専門店で保証がつくのはこちらとしてもありがたい。昔からあるお店だし、カメラを持ち込めば簡単なお掃除を無料で行ってくれるから。

個人的にSDカードはPanasonicさんのものがいいなと思っていたのだけれど、聞き逃した。しばらく前ちょいと訊ねたときはありますよーというお返事だった。さて、明日は気張るよ。

2014年12月1日(月) ふふふん

K-50買った。VictorのSDカード16GBおまけ。嬉しいけど眠たい。

2014年12月3日(水) 悴む

最近春菊を食す機会が多くて、春菊の甘さって不自然なくらい強いと思う。そしておいしい。

2014年12月4日(木) タイトな日だった

原付にガソリン入れようとしてスタンドの手前でガス欠起こした。ぷすぷすいう原付を押し歩いていると(本当にぷすんという)、目の前の工事現場の方が察して下さったらしく、現場の端っこからスタンドへ案内された。その足で病院へ行くと、着いたのが診療終了の十分前。いい加減だ。あの道路工事を迂回していたら四、五分は容易に掛かったはずで、すげい感謝してる。

これから西島大介のディエンビエンフー10巻と11巻を一気読みする。9巻まで揃えておいて、新しく出ていたのを忘れてたのだよね。ヒカルの動向が気がかり。

途中立ち寄ったコンビニで、妖怪ウォッチのクリスマスケーキ予約受付おしまいみたいな張り紙がしてあった。親御さんは大変だろうなあ、と他人事のように笑うしかない。

あ……NHK総合でオリオン試験機のロケット打ち上げを中継してる。射場周辺に船が立ち入ったとか。さて、ディエンビエンフー読もう。

2014年12月6日(土) 明日は冷えるそうな

ムーミンパパ海へ行くをじっくり読み返していた日。午後、宇都宮で初雪の報。

友人がパソコンの調子悪いというので、僕も詳しくないなりにいろいろ聞いていた。どうやらモニタ周りのケーブルか接触が悪戯している様子で、あちらで弄ってもらったところ直ったみたいだ。また具合が悪いならこちらに丁度パーツの余りがあるよ、ということで落着した。

今日はNHK FMで二十三時からジャズ・トゥナイトがあるのだけれど、起きていられるかどうか。録音予約に入っているから無理しないでおこう。

2014年12月10日(水) 月が欠けていく

2014年12月12日(金)

折本カレンダーのレイアウトが決まらない。

2014年12月14日(日) 投票行ってきました

この土日で折本カレンダーの大まかな枠作っちまおうと、ものっそい集中力発揮して励んでた……いまいちぱっとしない。

七十二候を織り込むべく旧暦やらなにやら本を読んだりググったり、再来年までのカレンダーめくったり。もう日付なんか見たくねえのだが、どっこい問屋がおろさねえ。希望的観測で、来週末までにはなんとかなるでしょう。

2014年12月15日(月) イルミネーション・マーケットだとか

特産の白美人ねぎをぶつ切りにし、グリルでこんがり熱通したのが白く甘く、柔らかい。

明治まで水の引けない荒れ地だった等という地域の知識は、小学校で遺構や史跡を見学してからというもの更新されていない。なのでこの歳になりまた、そういうのをひとりで巡ったりしている。

市内に珈琲の焙煎所が出来たらしくそのうち訪れてみたい。

2014年12月17日(水) 明日の朝には凍り付いているよ

紙巻きたばこは洋モクばかり喫っているなあ。たばこ屋で昔に、葉巻を喫わせてくれたおっちゃんの「葉巻で世界旅行してんのよ」というせりふを思い出す。

うう、寒い。

2014年12月20日(土) 年賀状のことを考え始める

折本カレンダーをリリースできて一安心。……一安心ののち見返してみて、直さなきゃなんない箇所やら課題もふつふつ湧いてきた。再来年のテーマは空にでもしようか。来年のことを言うと鬼が笑う。

このところ折本にばかりかまけていて、ここを更新する気力が無くなっていた。それでもなんとか三ヶ月は続いていて、えらいぞ僕。

星座早見盤を買いました。蓄光塗料が使われているもので使いやすい。ボール紙とPPで出来ていて、わりとしっかりした作りをしている。馴染んでおきたい。

わちふぃーるどシリーズが面白い。一冊読んではまったから、続きをボソボソ読み始める。

明日は晴れるそうで、フリマと温泉どちらに行こうか。

2014年12月21日(日) 詰め替えボトルが高いよ

原付にガソリンを入れに行くと、スタンドの給油機前でぷすんぷすん。スタンドのおっちゃん曰く、ガス欠寸前だったのかな、とのこと。相変わらずタイトロープだ。

そばが食べたくて近場の蕎麦屋へ赴いたところ臨時休業だった。その足で別のお食事処へ向かうとこちらもおやすみ。仕方なしに適当な場所で子持鮎の塩焼き二尾とみかん一袋を購入。塩をまぶされ炙られる鮎に混じり、アカハラだったかアイソだったか、うぐいの塩焼きが美味しそうだったのだけれど、またの機会に持ち越した。

その鮎を売っている商店では商品の放射性物質の検査を行っており、張り紙に「検出基準未満です」という旨のグラフがあった。一時期は同じ子持鮎が一割引きなのを大丈夫かなあと思っていて、今は元通りの価格なことに些か複雑な気持ち。

ああ、眠たい。猫が先ほどからドアを開け閉めさせてばかりいる。こいつの気まぐれに付き合うの今日はおしまいにして、本読みながら眠ろう。

メモ:アクアカバーのリフィル買う

2014年12月22日(月) 暖かいマフラーが欲しい

夜の露店市場で写真を撮っていたところ、二人連れに声を掛けられた。電飾を背景にスマホで撮って欲しいという。こういうのは慣れるもので、いいですよ撮りますよーと引き受けた。ひとりで暇そうだから頼んじゃおという扱いは分かるが、けどさあ。

2014年12月24日(水) こんなことを平和と呼ぶのだろう

免許証の更新で警察署に行き、友人とすれ違う。先日彼のパソコンを診に赴いた折、KNOPPIXのディスクを忘れて置いていったよとのこと。あとで取りに行くよとか少し話してさよなら。

特に変わり映えのない日。A・O・Rがいいね。夕景の細い月が綺麗でした。

2014年12月29日(月) 元日に着かない

年賀状を書き終えた。ついのべならぬ年賀のべみたいなことをやっていて利き腕痛い。あとは出してくるだけだ。一服。

2014年12月30日(火) なにごともなく、晴天。

食料の買い出し終わり。R.O.D READ OR DIEという作品が気になっている。明日辺り、古本屋とレンタル屋で探そう。一方、おうちでまったり過ごしたい。

買ってきた日本酒の池錦が値段のわりに癖もなく飲みやすい。地元の酒蔵のお酒なのだけれど、そういう馴染みやすさってあるのだろうか。

それはそうとして、早めに眠ろう。この辺りで睡眠のサイクルを調整せねば。

2014年12月31日(水) まだまだ続けるつもり

TSUTAYAでR.O.DのDVDを検索するも見つからず、店員に訊ねてみると無いみたいですとのこと。

紅白歌合戦とゆく年くる年との絶妙な繋ぎには、そのタイミングを指示しているベテランのプロデューサーがいる、と母が話していた。実際どうなのだろう。僕は二年参りに行っちまうから分からない。

今年を振り返ってどうだったか、なんて大仰なものはないけれど、とにかく生きていた。冬場の末梢の痺れもだいぶん改善した。お前早死にするよ、なんて昔よく言われたけれど、今のところはひとまず。

こんな場末の日記を読んで下さっているだろうあなたも、よいお年を。

Copyright © 2010-2017 ヱニス All rights reserved.